財布にも色んなタイプが有ります

通常の二つ折り財布よりもサイズが大きいことが多く、ポケットに入れるにはちょっと大きい場合があります。フタは、ファスナーで止めるタイプや、ボタンで止めるタイプの長財布があります。ファスナー財布は、大容量の財布とすることを目的として作られることが多い財布です。多くの二つ折り財布は、パタンと折るだけですが、ホックやボタンで固定するタイプの財布もあります。ファスナー財布と一言でいっても、色々な形状があります。古典的な形状の財布です。大容量の長財布は、ポケットに入れるには大きく、主にカバンに入れて持ち歩くことになる財布です。ファスナーをあけると、中にある個々のポケットはふたがなく、一気に全ての内容物を見ることが出来るようになっている財布が多くなっています。

財布というよりも、小さなカードケースやパスケースに近いタイプの三つ折り財布も、見ることがあります。がま口と呼ばれる止め金で、袋状の本体を開け閉めする財布で、お札や小銭を特に分類せずにまとめて入れます。本来は、ズボンのポケットなどには適していないのですが、ファッションとして、ジーンズの後ろポケットから長財布をのぞかせている人も、よく見かけます。これも、小銭入れのついた長財布と、小銭入れのない長財布があります。がま口式財布も、同様のタイプが多くなっています。小銭入れ部分だけがファスナーで閉じられている二つ折り財布に近い財布もありますが、分類は難しいところです。そのため、用途としては財布に限定される必要もなく、化粧ポーチや、その他の小物入れとして使用することも可能です。主婦が買い物に持参するときなどに重宝し、通帳なども入る財布があります。

二つ折り財布は、文字通り二つに折ることのできる財布です。札入れは、仕切りがついてお札を分類できる財布と、仕切りが無く、まとめてガバッと入れておく財布があります。ファスナー式の財布は、ファスナーをあけると、札入れや小銭入れが一気に開くタイプの財布が多くなっています。コンパクトにまとまる三つ折り式の財布もあります。小銭入れのついた二つ折り財布と、小銭入れのない二つ折り財布があります。保管するときにコンパクトになることがこのタイプの財布の最大のメリットですが、その分、容量も限られてくるということです。財布の形状は色々なものがあります。長財布も広く使われています。

小銭入れのない財布では、開くと両側にカードポケットがあり、カードが沢山入る財布になっています。カードポケットは、3段から4段くらいの財布が一般的です。中に仕切りのついたがま口財布もありますが、基本的には一まとめにモノを入れる財布です。二つ折り財布は、ズボンや上着のポケットに入れるのに適したサイズです。小銭入れの形状には色々あります。そのため、若い方にも年配の方にも支持されるタイプの財布です。形状の愛らしさから、女性に人気のある財布です。ラウンド財布とも呼ばれ、二つ折りに畳んだときの、折り目を除く三辺をファスナーでグルッと閉めることができる財布です。
財布メンズ メンズ用のお勧め財布はこれだ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。